下請けの人と風俗に行った話

「〇〇くんさ~、××(下請けの会社)の新人を風俗に連れてってくれない?」

「は?」

 

仕事中真向いの先輩が突然訳の分からないことを言ってきた。よく聞くと「今度下請けの業者との飲み会があるから、そこの新人を風俗に連れて行ってほしい」とのことだった。

 

「そこはね、〇〇くんプロとして、△△(自分の会社)のプライドを見せないとな~w」

「いや~それは~w」

 

会社の評判下がるだけでは?と思った。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

そして飲み会当日、一次会終了後おれと下請けの新人は後先輩方に「頑張れよ!」と言われながら堀之内(川崎の風俗街)に向かった。

行く途中色々話をしたがほとんどが仕事の話だった。

 

「〇〇さん~聞いてくださいよ~来週彼女の両親にあいさつに行かなきゃいけないのに工事が入っちゃって~」

「え~そうなんですか~なんか申し訳ないですね~(こいつ風俗行く意味ねえじゃん…殺すぞ)」

 

そうこうしている内に目的の店に到着した。この店は以前にも何度か行ったことがあり、おれが素人童貞になった記念すべき(?)店でもあった。

が、なんと夜遅かったこともあり1人、かつ45分コースでしか入れないと店員に告げられた。おれは膣内射精障害なので下請けだけ行かせようとしたが、

「〇〇さんも行きましょうよ!!!なんのためにここまで来たんですか!!!」

と説得され、酒でバカになっていたおれは「そうですね!!」と全力で同意して別の店を探すことにした。

 

結局、近くにあった料金設定がほぼ同じ別の店に入った。入るなり写真から女の子を選択させられ、店員が言う「きれい目な」子を選んだ。

待合室で待って10分ほどで呼ばれて部屋に向かった。

 

対面するなり顔が硬直した。不細工…ではないが明らかに写真と違う。見た目40歳くらいのおばさんが出てきた。そこから風呂に入るまでの間、ずっと「死にてえなあ…」か「帰りてえなあ…」か「同じ値段でヘルス行けばもっとかわいい子いるよなあ…」としか考えていなかった。

 

 そして本番、乗り気ではなかったが向こうは40歳くらいということもありプロで、とんでもない速さで腰を振ってきた。そのせいか70分コースでギリギリだったが初めて中イキした。

でもやはり明らかにハズレな店、ハズレな嬢、これで中イキできても当然何一つ嬉しいことはなかった。悔しさ、というか後悔しか残らなかった。

 

下請けもほぼ同時に部屋に入ったので出てくるのもほぼ同時だった。「どうでした?」と聞くと「いや~40歳くらいでしたね…」と答えた。それ以上その話をするのをやめ、結局仕事のグチを言いながらラーメンを食べた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

「今度はちゃんと予約と在籍状況を確認しよう…今回はいいことを学んだと思えばいいんだ…」と考えながら帰路についた。

 

 終わり

ちんちん挿入した話

横浜のちんちん舐め屋に行ってから1ヵ月、おれは講習で偶然にも同期と会った。

男だらけの職場ということもあり、同期同士顔を合わせると仕事の話なんかよりも風俗だとかゲームだとかの話になる。

 

「〇〇さんってそっちの店何回行ったんすか?」

「3回だね~まあ一回は何もできずに金だけ失っちゃってさあ~」

 

ボラれた話も笑い話にはなる(正直ちょっときつい)

 

「マジっすか?w29000円も取られるぐらいなら川崎のソープ行けばよかったのに~紹介しますよ」

「マジで?」

 

正直ソープは興味があった。けど性病とか怖いし、「3,4万くらいかかるところじゃないと信用なんねえな~」とビビっていた。

そんな矢先に同期に紹介してもらえるのは大変ありがたかった。こういうのはやはり口コミが一番信用できる。

 

川崎には堀之内と呼ばれる地区があり、そこが昔からのいわゆるソープ街である。

あの「孤独のグルメ」にもセリフのみでちょっと登場している。

 

店に着き、嬢を選ぶ。デカいタブレットがあり、そこで在籍している嬢の出勤時間やら3サイズやら各種データを見ることができ、何だかハイテクだな、と思った。

最初をとんでもないハズレで捨てるのは流石にイヤだったので自称見る目があるという同期に選んでもらい、結果21歳Cカップのボブ(髪型)の嬢に決定。

 

待合室で待つ時間、これがメチャクチャ緊張する。同期には「俺の選んだ嬢を奪われた~」だの恨み言を言われたが半笑いでしか返せなかった。

 

そうこうしているうちにボーイに呼ばれて部屋に入る。

 

肝心の嬢の見た目は、写真とほぼ変わらずひとまず安心した。年齢を聞くと25歳とのことだったが年上が好きなのでむしろ良かった。

そして部屋は半分のスペースが風呂と洗い場、もう半分にタオルが敷いてあるベッドがあった。

 

「初めてなんで~緊張してるんすよ~」「え~そうなの~」などしょうもない会話したのち、

 服を脱がされ、例のイスに座り最初は体を洗われた。体を洗われている間は正直「なんかこれ介護みてえだな」と思っていたが、

ちんちんを触られた瞬間「ア!」と声が出るほどヤバかった。

 

で体を拭いて軽く手コキなどしていよいよ本番、ゴムをつけて騎乗位の形になって挿入。

 

意外と気持ちよかった。クソキツオナホを使ったりしていたのでどうなるか心配だったがどうにかなるもんだな、と思った。

 

しばらくして他の体位も試してみた。バックで入れてみたが、序盤はよかったものの3往復くらいでおれの体力が持たず騎乗位に戻った。

その後正常位も頼み、入りはしたがうまいこと動けず結局騎乗位に。

 

悲しいとも悔しいとも言えない複雑な気分だった。

 

当然嬢は動きっぱなしなのでだんだん疲労してくるし、動きが遅くなる。それにつれてちんちんの反応も悪くなる。

 

「ちょっと一回…休んでいい?」

「あっ、はい…」

「もしかして遅い方?」

「…まあそうっすね」

「そっか~…」

 

嬢は何か考えているようだった。

 

そしておれを再び寝かせると手コキを開始、

「イキそうになったら言ってね」と言われた。すぐにイキそうになり嬢に「あ、もうイキそうです」と伝えると、

 

嬢はまんこに再挿入して騎乗位で動いた。 そのまま射精した。

 

かなり無理やりな形での膣内射精だった。

 

なんだか心残りな部分はあったが見た目が割と好みで、結果だけで言えば膣内射精したわけでかなり満足したし、

初めてとしては上出来なんじゃないかな、と思った。

 

おわり

 

 

 

オナホにシャンプー入れた話

先月初めてオナホを購入し、使ったところなかなかよかった。

 

警告:アダルトコンテンツ

↑買ったオナホのリンク

 

箱イラストが島田フミカネということだったので特になにも考えずに買ったが割と使い心地がよく、良い買い物したな~と思えた。

 

だが付属しているローションは一回分しかなく、正直そのためだけに外出するのも面倒だな~と思って買わずに放置して手で済ませていた。

 

昨日久々に使いたいな~と思ったがローションがなくtwitterでボヤいた。すると親切なフォロワーが代替案をリプライでくれた。

f:id:myfj1919:20170531001901p:plain

確かに身近にあるしヌルヌルするしなるほどな~~と感心した。

 

その後さっそく使ってみた。結論から言うと正直ローションよりよかった。人の肌に触れるものであるし、何より泡なので感触がちょうどよく、メチャ気持ちよかった。

 

 

 

 

…と思っていたのも束の間、ちんこが何やら熱くなり、じんじんとした痛みに襲われた。ちんこが全体的に痛く触ると余計に痛みを感じた。そんなとき先ほどシャンプーをすすめてくれたフォロワーからリプライがきた。

f:id:myfj1919:20170531004239p:plain

 

 

は?

 

後になって調べて初めて知ったが、オナホにボディーソープなどを入れて使用すると汚れといっしょに体の脂も落としてしまい、その結果後でちんこがひりひりと痛む、とのことだった。

 

(参考:オナホ初心者さんのための超マジメなサイト – オナホゼミhttp://onaho-get.com/how-to/338/)

 

痛い目を見たので今日はローションを購入して使ったものの、やはりシャンプーの方が気持ちよかった…

 

ちんこを痛めてもいいと言う変わった方はぜひシャンプーでも試してみてください。

 

 

風俗でぼられた話

先日(27日)、新宿に用があったのでついでに風俗でも行こうと歌舞伎町に寄った。

 

前回は店が閉まっており下調べ不足だと感じたので今回は抜かりのないようにあらかじめネットでよさげな店を調べておいた。

 

しかしいざ歌舞伎町についてみるとアクセスマップに載っていた写真を見ても似たような店の入り口が多く、どこか全くわからなかった。

 

そのまま店の周辺の道をウロウロしていると芸人のアントニーに激似の外国人に声を掛けられた。以下、アントニーと呼ぶことにする。

 

f:id:myfj1919:20170528230605j:plain

アントニー(マテンロウ)↑

 

アントニー「オニイサン、ナニサガシテンノ?」

 

おれ「……」

 

アントニー「オシエテアゲルカラ、ミセノナマエダケデイイカラ」

 

おれ「……」

 

アントニー「モシカシテ○○(店名)?」

 

おれ「…!」

 

なんとアントニーはおれが探していた店の名前を当てた。で即別の日本人の紹介業をやってる兄ちゃんに引き渡された。兄ちゃんは○○に連絡し、その後○○には今嬢が一人しかおらず、今から行くと40~60分待つことになるという旨を伝えてきた。

 

兄「いや~これ言わないでくださいね?〇〇はあまりサービスがよくないんすよ…

 

おれ「あ~そうなんすか~」

 

正直よくわからなかったので予算を伝え、別の業者を呼んでもらうことにした。

 

兄「兄貴(おれ)的には~~ギャルとかイヤっすよね?」

 

おれ「ア、はい…」

 

兄「芸能人で言うと誰がタイプっすか?」

 

おれ「本田翼っすかね~~」

 

正直本田翼以外どんな芸能人がいるかよくわからなかった。

 

その後少し歩いた先にあるビルの前で業者と兄ちゃんとでカタログを見合い、嬢を決めた。プレイ料金2万2千円を支払い、ホテル(と言っても独房くらいのスペースしかない、恐らく風俗用のもの)に移動しホテル代7000円を支払った。

 

嬢が20分くらい遅れると聞いていたものの、20分の代金はこちらで負担するとのことだったので特に気にも留めずゴロゴロしながらスマホをいじっていた。

 

しかし、20分どころか40分経っても嬢が現れない。

 

おれ(もしかしてボラれたんじゃないか?いやまさかね…)

 

その時フロントから電話がかかってきた。きたか!?と思って受話器を取った。

 

フロント「あの~〇号室のお客様のお連れ様すぐ帰っちゃったんですけど~延長されます?」

 

おれ「いや…帰ります…」

 

全部終わった。

 

その後家に戻り、やけくそになりフォロワーに電話して一部始終を伝えた。

 

そのフォロワーいわく、「今日の兄ちゃんの手口(店をdisるなど)はぼったくりがよく使う手口だ」とのことだった。要するにおれはまんまと引っかかった訳だった。

 

ちんこも舐められず、結果的に2万9千円がどこかへ消えていったのだった。

 

 

 

 

 

 

死にてえ。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

近況

お久しぶりです。

 

みやふじです。約半年ぶりの投稿ですね。

今まで 同級生バレが~ とか色々言い訳してましたけど今日からちょくちょく書いていこうと思います。

 

さて高専をなんとか卒業して今では就職して順調に研修を…と言いたいところですがそう上手くは行かないんですね。

 

研修そのものは別に苦痛じゃなくて問題なのは業務の時間外なんですね、リーダー格のウェイさんが事あるごとに

「ボウリング同期みんなで行きてえ~」とか

「同期で飲み会行きてえ~」とか言うんですね。

確かに同期の親交を深めるのは大事だと思いますよ、でも休日くらいは仕事のことを考えずに一人か気心の知れた友達とゆっくり過ごしたいんだよなあ~~

 

ここ数年「なぜ最近の若者は酒の席に誘っても来なくなったのか?誘いを断るなんてけしからん!!」みたいな、いわゆる「若者の飲み会離れ」をタイトルにしたブログとか増えてますけど、

少なくとも弊社の同期はバリバリ体育会系、「同期最高!!!!最高の仲間!!!!上司も素敵✨ 」みたいな人間ばかりでもうインターネット信用できなくなってきましたね…

 

で、こうしてブログ書いてる今日もこの後同期で飲み会あるんですね、これ本来は先週に予定されててめんどかったので自分が「ア…今日ハ用事アルカラ…」って断ったんですが、それを聞いたリーダー格が「やっぱ全員集まらねえとダメだ!!!!!(ドン!!!!!」って言って今日になりました。ボケ。

 

でも全く悲しいことばかりではなくて、ちょくちょく友達とかフォロワーと遊んだりして楽しんではいるし仕事そのものは苦痛ではないのでまだなんとかなってます。

 

おわり